練馬区はアニメのまち練馬区というコンセプトで、練馬区全体をプロモーションしていますが、その中心地が、西武池袋線の大泉学園

 

日本アニメ発祥の地

メーテル

もはや、メーテルには風格さえも漂っています

大泉学園駅には、銀河鉄道999の車掌さんが名誉駅長として鎮座していますし、毎年アニメフェスティバルも開催されています。

もともと、日本初のカラー長編アニメ映画『白蛇伝』(昭和33年)を制作した東映動画(現:東映アニメーション)がこの大泉学園にあったことで、日本アニメ発祥の地なんていわれていました。
そうそう、あの手塚治虫氏の名作『鉄腕アトム』(昭和38年・虫プロダクション)のアニメも、ここで制作されたそうです。

現在は、『宇宙戦艦ヤマト』の松本零士氏がこの街に住んでいるので、車掌さんの他に、メーテルも商店街のPRに一役買っています。

 

新しいアニメの名所がぞくぞく

あしたのジョー

矢吹丈というより、今風のイケメン?

そんな大泉学園は、最近でもアニメ『四月は君の嘘』が、大泉学園を中心とした近隣地域をロケ地として使用しましたし、劇場版も公開されたアニメ『ロボットガールズZ』は、大泉学園が舞台。

そんな大泉学園にも、アニメの街としての面目躍如といった新名所が作られました。

それが、新しくできたタワーマンション『プラウドタワー大泉学園』に向かって駅北口から延びるペデストリアンデッキにできた大泉アニメゲート

 

『鉄腕アトム』のアトム『あしたのジョー』の矢吹丈『銀河鉄道999』のメー­テルと鉄郎『うる星やつら』のラムちゃんの5体のブロンズ像とモニュメントが設置され、今、多くのアニメファンが訪れています。

『鉄腕アトム』の手塚治虫氏と『あしたのジョー』のちばてつや氏は練馬区に事務所を構えていましたし、銀河鉄道のふたりは言わずもがな。
『うる星やつら』のラムちゃんだけがあまり知られていないかもしれませんが、舞台となった友引町(架空の町)は練馬区という設定になっていたという、どの作品も練馬区と深いつながりがるものばかり。

うる星やつら ラムちゃん

原作よりもかわいいかも…

まさに、大泉学園は昭和から平成へと続くアニメの歴史を体現している街。

さてこれから、渋谷での待ち合わせはハチ公の前ですが、大泉学園での待ち合わせは、ラムちゃんの隣ということになりますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です